写真

Welcome to APT.

診療・治療において事前の診断はもちろん、身体の安全を確保していくことは非常に大切です。 そのため、デジタルパノラマX線装置を導入し、従来の1/2の放射線量でありながら精度の高い術前の診査を可能とします。 最新のデジタルコンピューター制御で必要最小限の範囲に的確に照射することにより、詳細な画像を得ることができ、より確実な診査・診断が可能となり、治療を行なう上では不可欠なものです。(※インプラント治療を行う場合は必ずCTを行います) 治療内容の説明もより解りやすくモニタで確認しながら受けることが出来ますので、納得のいくカンファレンスを受けた上で最善の治療が可能です。 特に基礎疾患を持っている患者様では、血圧、脈拍、SPO2、心電図を管理可能な生体情報モニタも導入し、全身管理下のもとで治療を行うことが出来ます。 さらに、位相差顕微鏡の利用で口腔内の細菌を観察する事が出来ますので、治療前の細菌量・活動性を治療後と比べることが出来ます。