写真

Welcome to APT.

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えとするのが、 今日行われているインプラント(人工義歯)療法です。 インプラントコーディネーター、及びドクターが責任をもって治療致します。 インプラントシステムはブローネンマルク、ノーベルアクティブ、 AQB等 患者様の症例に合わせて幅広く対応し、安心安全をモットーに行なっております。 歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。 歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。 インプラントによる治療では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。 院長は日本歯科先端技術研究会の口腔インプラントフェロー認定医、日本先進インプラント医療学会及び日本口腔インプラント学会専門医です。また、あがた歯科ではシンプラントによる術前診査を行っています。シンプラントは、CTで撮影した画像を3D化し、立体的に患部を診査することが可能になり、より安全にインプラント治療を行うことが出来ます。