写真

Welcome to APT.

従来、装着まで時間のかかっていたセラミックの歯を、 口腔内カメラによるスキャンで即日製作、装着が可能になりました。 従来のセラミックの歯の作製には、高度な歯科技術、技工操作が要求される為、小さい歯一本を作成するのに大変な手間と時間がかかっていました。 セレックの場合、歯を削った後は、型どりはせず、小さな口腔カメラで削った歯を動画撮影します。動画情報は、即時にコンピュータ上に三次元的なバーチャル立体画像を再構成し、自動的に作成するセラミックの歯の形態を提案してきます。かみ合わせなども、正確に再現出来ます。 削る前と全く同じ形態にしておきたい場合などは術前の歯の撮影をしておけば、OKです。 コンピュータが提案してきた歯の形態は、マウス操作一つで丸みをつけたり、膨らませたり、へこませたり様々な編集をすることが出来ます。 その後は、患者様の歯にあわせた削りだすブロックを決め、ミリングマシンにセット、コンピュータからデータを転送5-10分程度で削りだしは完了です。 その後、艶出しは手作業で行い、患者様の口腔内に装着します。また、あがた歯科には、専属の歯科技工士が常駐していますので、よりクオリティの高い技工物の作成が可能です。